おかげさまで10周年!!

FAGA,女性男性型脱毛症

女性の脱毛のタイプ

女性の脱毛は薄毛が始まる部分と進行の度合いによってⅠ~Ⅴの型に分類されます。

  1. 頭頂部や正面から見て毛量が全体的に少ない
  2. Ⅰ型と比べ脱毛症の範囲が拡大している
  3. AGA(男性型脱毛症)に似て正面から脱毛の範囲が後退している
  4. 「瘢痕性(はんこんせい)脱毛症」。発毛に関わる組織である毛包が破壊されたことで毛が生えてこなくなる。
  5. ホルモンバランスの異常や薬の影響が原因で起こる脱毛症。

女性の脱毛症の種類や原因は男性のものに比べ複雑で様々です。
その中でも近年多くみられるのがFAGA(女性男性型脱毛症)です。

FAGA(女性男性型脱毛症)とは

FAGAとは「Female Androgenetic Alopecia」の略で、簡単に言うと女性版のAGA(男性型脱毛症)です。
男性ホルモンの変性と毛母細胞への攻撃が要因で起こる脱毛症をAGAと呼びます。

AGA(男性型脱毛症)
男性ホルモンであるテストステロンが毛根にある毛乳頭に入り込むと5α-リダクターゼの影響によりジヒトロステロン(DHT)に変化します。
そのDHTが毛母細胞に入ると、毛母細胞の細胞分裂が活発に行われなくなり、発毛を妨げます。さらにヘアサイクルが乱れ成長期が短くなり、脱毛、薄毛となります。このように男性ホルモンの変性と毛母細胞への攻撃が要因で起こる脱毛症をAGAと呼びます。

女性の体内にもAGAの原因物質である男性ホルモンは存在し、同じメカニズムで毛髪に作用しています。しかし女性ホルモンであるエストロゲンの、毛髪の生成を促し髪が生まれ変わるサイクルを長くしてくれる働きにより、男性ホルモンが毛髪へ与える影響を打ち消してくれています。
しかし、加齢やストレス、食生活の乱れ、経口避妊薬の摂取により女性ホルモンが減少すると、男性ホルモンの影響が現れやすくなりAGAと同じメカニズムの脱毛が起こります。
AGAの場合は頭頂部や髪の生え際など局所的に薄くなるのに対してFAGAは髪が細く弱くなり、全体的に薄くなるのが特徴です。
こういったAGAと同じ原因で起こる脱毛症を「FAGA」と呼びます。

  • 健康なヘアサイクル

    長く固い毛根のしっかりとした髪が抜ける。1日平均100本程度。

    健康なヘアサイクル
  • 乱れたヘアサイクル

    短く柔らかい毛根のあまりない髪の毛が抜ける。抜ける本数が目立って多い。

    乱れたヘアサイクル

FAGAの治療

FAGAの場合、AGA治療で使用されるフェナステライド等の抗アンドロゲン薬の使用ができません。
そこでミノキシジルによる血行促進、毛母細胞活発効果によって発毛を促す治療が最も効果的です。
それに併せて、サプリメントなどにより有効成分を摂取し発毛環境を整える、規則正しい生活を心がける、心身ともにストレスを軽減させるなども重要になってきます。
Lambda Grow Plaisir には、ミノキシジルはもちろん、ミノキシジルの効果をさらに高める成分、そして独自研究により女性ホルモンと発毛環境の安定に欠かせない成分がたくさん含まれています。それらを安全になおかつ高い効果を実感していただけるよう研究を重ね、薬の量、配合バランス、形状、タブレットの溶ける速度までも計算しつくされ生まれたのがLambda Grow Plaisir です。



ラムダグロープレジール セット1ヶ月分20,000円,プレジールセット1ヶ月分をご購入いただくと…もれなく、もう1セットプレゼント!

  • ラムダグロープレジール リキッド1ヶ月分
  • ラムダグロープレジール タブレット1ヶ月分
ラムダグロー発毛体験談募集
お友達やご家族をご紹介ください!お友達やご家族をご紹介ください!友達紹介制度