おかげさまで10周年!!
バナチンとは?

バナチンの機能性

メカニズムと作用機序①

LNCap細胞を用いた試験より、バナナエキスには男性
ホルモンであるテストステロンの働きを阻害することが
わかりました。

メカニズムと作用機序②

またその働きは、テストステロンをジヒドロテスト
ステロン(DHT)に変換する5αリダクターゼを阻害
することにあると推測されました。

前立腺肥大に対する機能性

前立腺肥大は、ジヒドロテストステロンが前立腺内の受
容体に結合することで引き起こされます。テストステロ
ンからジヒドロテストステロンへの変換を阻害すること
で、前立腺肥大を抑制する事が期待できます。
実際にマウスの実験により、バナナエキスは前立腺肥大
を抑制
する事が確認されました。

また、前立腺肥大に由来するトイレの悩みを抱えた人
に、バナナエキスを1ヶ月間飲んでもらい、試験前後に
国際前立腺スコア(IPSS)をつけてもらったところ、ほ
ぼ全ての人で点数が下がりました。

毛髪に対する機能性

ジヒドロテストステロンが毛髪の毛乳頭細胞にある
受容体に結合すると、脱毛に関するタンパク質
(TGF-βなど)が分泌され、毛包細胞のアポトーシス
を引き起こすことで、毛の成長を抑制、脱毛を促進
します。
テストステロンからジヒドロテストステロンへの変
換を阻害することで、抜け毛・薄毛を抑制する事が
期待できます。

毛髪に関する実験

実験方法および評価方法

CH3マウス(雄・6週齢)を1週間の予備飼育後、小動物用バリカンで
背部を剃毛して表皮を露出させました。
各群5匹としてコントロール群(水のみ)、バナチン250mg/kg群で
比較し、毎日同一時刻に経口投与にて36日間の投与を実施しまし
た。
評価は、一定距離からの背部写真撮影を行い、写真画像の剃毛領域
にマス目を引いて発毛および育毛領域をもとに右のスコア表から数
値化しました。

実験結果

実験全期間のスコア結果は図1、10日目~20日目までのスコア結果は図2の通り。

考察

最終的には全てのマウスがスコア10に近づきますが、コントロール群と
比べてバナチンWP-14を250mg/kg投与群のほうが育毛スコアは高い
結果を示しました。

右図は毛髪のサイクルで、正常時に比べてAGAでは成長期が短くなるこ
とが指摘されています。

今回の実験により、バナチンWP-14はAGAの成長期促進、あるいは休
止期短縮などに働きかける可能性が示唆されます。

今回の実験により、バナチンWP-14はAGAの成長期促進
あるいは休止期短縮などに働きかける可能性が示唆されます。

ラムダグロー発毛体験談募集
お友達やご家族をご紹介ください!お友達やご家族をご紹介ください!友達紹介制度