AGAや薄毛を薬で改善

現在FDA(医薬品等の安全性と有効性を保証する世界最大機関)により医学的にも認可されている発毛剤はミノキシジルとフィナステライドだけです。一般的にミノキシジルは外用剤として、フィナステライドは服用剤として別々に使用されています。

フィナステライドがAGAの原因となる男性ホルモンの生成を抑制して「抜け毛を防ぐ」脱毛抑制薬に対し、
ミノキシジルは「太く強い髪をつくる」発毛促進薬です。

ミノキシジルは、もともと悪性高血圧症治療の内服薬として処方される血圧降下剤として開発され、1970年代から米国で使用されてきました。その副作用として全身の多毛症状が見られたことからAGA治療薬としての研究がはじまり、1980年代に脱毛症治療薬として開発に成功。FDAによって初めて認可された発毛剤となりました。

ミノキシジルは毛母細胞に直接働きかけて発毛を促すとされています。もともと血管拡張剤の一種なので、頭皮の血管を広げることで血行を促進し、頭皮に栄養分を与え、毛母細胞が活性化して発毛につながると考えられています。

脱毛抑制薬のフィナステライドとミノキシジルを併用することで大きな発毛効果を得ることができます。

ミノキシジルの効果を得るためには、頭皮環境を整えることが大切で、酸化皮脂や汚れが頭皮についていると効果が得られないことがあります。

頭皮ケアも併せて行うことが重要です。


ラムダグローとはAGAや薄毛を病院・クリニックで改善AGAや薄毛を植毛で改善