AGAや薄毛を病院・クリニックで改善

医療機関によって異なりますが、初診時は、カウンセリングや問診票の記入→診察(必要に応じて血液検査等を実施)→治療薬の処方を行い、その後は通院をして定期的に診察と経過観察を行うようになります。

一般的な病院やクリニックでの治療では、脱毛抑制薬を処方するのが基本となります。
脱毛抑制薬だけの治療では現状維持をするだけなので、既に薄毛が進行してしまった状態の方には、薄毛の改善が感じられない場合があります。

AGAは進行性という特徴を持っております。放っておくと確実に薄毛・抜け毛が進んでいきます。
AGAの一番の改善策は、早い段階で発毛治療を始めることです。

最近は医療機関(病院の皮膚科やクリニック)を中心に本格的なAGA治療が行われるようになりました。

病院での発毛治療のメリット

病院での発毛治療のメリットとしては、「カウンセリング」や「問診」、「診察」「検査」等を行い、あなたの体の状態を専門医が診断するため、安心して治療することができます。

病院での発毛治療のデメリット


病院での発毛治療のデメリットとしては、治療費が高額になってしまうことです。
健康保険が適用されない上に、治療薬代のほかに別途診察料などがかかります。

発毛剤は、継続をして効果が見られるようになりますから、通院することを考慮しなければなりません。

病院での発毛治療の場合は、お金と時間に余裕がないと継続が難しくなる可能性があります。

AGAや薄毛を植毛で改善AGAや薄毛を薬で改善